岡本歯科クリニック

当院の特徴・感染症対策

当院の特徴

特徴1

“痛みの少ない、やさしい治療”

歯医者さんとはどうしても「痛い」「怖い」という残念なイメージが定着してしまっています。
しかし、現在は機材や技術の進歩によりこのイメージも当てはまらなくなってきています。
当院もこのイメージが当てはまらない歯科医院の1つであることをここで宣言します!

痛みの少ない治療とは

私たちがめざしている「痛みの少ない治療」は、治療中はもちろん「治療の痛みを抑えるための麻酔注射」による痛みにまで配慮した治療です。 当院ではみなさまが麻酔時になるべく痛みを感じないよう、さまざまな工夫を凝らして「痛みの少ない治療」を提供しています。

痛みの少ない治療のための3つのポイント

  • 表面麻酔

    麻酔注射をすれば治療中の痛みは避けられます。しかしその注射自体が痛すぎれば「痛くないなんて嘘だ」となってしまいます。当院では注射する部分に事前に麻酔液を塗る表面麻酔を行い、注射の痛みを最小限に抑えていきます。

  • とても細い針を使用する

    麻酔注射で使用される針は、細ければ細いほど痛みも小さくなります。そのため当院の麻酔注射針は通常使われるものよりかなり細いもの。安心して治療を受けていただけるよう麻酔注射時の痛みに最大限配慮しています。

  • 痛くない箇所にゆっくり注入

    お口の中は「痛みを感じやすい場所」と言われており、歯科治療が苦手な方が多いのも仕方ないのかもしれません。しかしその中には「痛みを感じにくい場所に注入」も存在するため、この部分を狙って麻酔注射を行っています。

Pick Up!電動麻酔機

電動麻酔器は、麻酔液の注入スピードをゆっくり一定に自動制御するものです。麻酔注射の痛みは針の刺入と麻酔液の注入によるものであり、針の刺入は細い針を用い、麻酔液注入時の痛みはゆっくり一定に行うことで抑えられます。しかし麻酔液の注入スピードを手動で調整するのはとても困難なため、「痛くない虫歯治療」をめざす当院では、コンピューター制御で一定かつ理想的な注入速度を保てる電動麻酔器を導入しています。

特徴2

“治療”

  • 予防歯科

    予防歯科

    虫歯や歯周病の治療後は健康なお口を維持するための予防へ。歯石はどれだけ歯磨きをしても自然とたまるもの。髪が伸びたら切るように、歯石も定期的に取る必要があります。当院では、プロによる歯のクリーニング「PMTC」を導入し、健康なお口の維持をサポートしています。

    詳細はこちら
  • 審美歯科

    審美歯科

    審美歯科では人の第一印象を決める大切な口元を「歯の美しさとお口の健康」に焦点を当てて総合的に診療します。見た目にも美しく、かつ虫歯になりにくい材料を使用するなど審美性と機能性と兼ね備えた方法で行います。

    詳細はこちら
  • 見た目にこだわった入れ歯治療

    見た目にこだわった入れ歯治療

    「噛めない」「痛い」「話しづらい」など入れ歯に関する悩みを抱えていませんか。当院では「入れ歯だから仕方ない」と諦める患者さまを一人でも減らせるよう、様々な入れ歯を取り扱っております。金属バネ不使用で、着け心地に最大限配慮した自費診療の入れ歯も導入しておりますので、ご相談ください。

    詳細はこちら
  • 訪問診療

    訪問診療

    ご高齢の方や体が不自由な方など、通院が困難な患者さまのご自宅または施設等に、訪問歯科診療用ポータブルユニットを持って伺います。虫歯治療や入れ歯の作製、口腔内ケアなど院内と同様の診療の提供が可能です。

    詳細はこちら

医療設備

  • キッズルーム

    キッズルーム

    親子で安心して治療を受けられるようキッズルームも用意。絵本やおもちゃ、ぬいぐるみなどがある空間で楽しく過ごせば、お子さまのストレスも減らせられるかも。治療をがんばってくれたお子さんにはごほうびも。お楽しみに!

  • バリアフリー

    バリアフリー

    当院はバリアフリーで、エントランスにはスロープを設けています。ご高齢の方やお体が不自由な方、車いすの方、ベビーカーなど、どなたでも安心してご来院いただけます。

  • 待合室

    待合室

    「歯医者さんのにおい」が苦手な方でもリラックスしてお待ちいただけるような、清潔感ある待合室が自慢です。ご自由にお飲みいただけるウォーターサーバーを備え、歯にまつわる情報満載のポスターを掲示しています。

  • 歯科用 CT

    歯科用 CT

    歯科用CTを用いて、口腔内の状況を0.1ミリ単位で精密に計測、かつ3次元的イメージで把握することで、より的確な診断が可能になります。当院では、歯周病治療、根管治療、顎関節症の診断や、過剰歯・親知らずの抜歯などにおける、安全性・確実性向上のために使用しております。

感染症対策について

見出しが入ります見出しが入ります

当院では治療を安全に提供するため、開院以来、感染症対策として滅菌・消毒を徹底してまいりました。最近も、新たな滅菌器を導入するなど衛生管理をさらに強化しています。安心して治療を受けられるよう、患者さまごとにすべて滅菌・消毒済みの機器を使用しています。

感染症対策4つのポイント 感染症対策4つのポイント

  • タービンの滅菌

    お口の中に入れて歯を削る歯科用タービンは、患者さまごとに丁寧に洗浄・消毒・滅菌を実施。手作業では落としきれない汚れや細菌を、専用機器を用いてしっかり落とします。

  • オゾン水を導入

    当院では、殺菌・消毒の観点からにオゾン水を生成する機器を導入し、オートクレーブに対応できない材質の器具の洗浄等に用いています。

  • 高圧蒸気滅菌機(オートクレーブ)

    高温・高圧の飽和水蒸気で、さまざまな種類や形状の歯科治療器具を滅菌するための機器です。複雑な構造の器具の内部に付着した細菌にも働きかけられる頼もしい機器です。

  • 口腔外バキューム

    治療時、空気中に飛散する歯・金属の粉塵や唾液、ウイルス等も吸引するため感染症対策にも有用な機器です。コロナ禍以前より導入し、院内の空気を清潔に保てるよう配慮しています。