入れ歯治療

こんなお悩みありませんか?
当院推奨の入れ歯治療
保険と自費の入れ歯の違い
最先端の入れ歯はここまで進んでいる!?

 
こんなお悩みありませんか?

 

当院推奨の入れ歯治療

先ほどのようなお悩みを抱えている方は、入れ歯治療をされる患者様の中で決して少なくありません。当院ではこのようなお悩みで「どうせ入れ歯だから…」と諦めてしまう患者様を一人でも減らすために、金属のバネを使わず入れ心地も良い最新の入れ歯治療を導入いたしました。

ireba_pure

ピュアデンチャーと保険の入れ歯の違い

putre_hoken

pure_hyo

自然な入れ歯でここまで変わる!

shizen

 

保険と自費の入れ歯の違い

af9980016409l入れ歯を入れられている皆さんが、「ぴったりと合った入れ歯なんて作れない」と考えられる、最たる理由は歯科の保険の制度上、入れ歯に使える材料や、かけられる手間に制限があるということです。
健康保険を用いた診療では、使える材料や手間暇が細かく取り決められています。歯科医師は、このルールに則った診療をしなくてはなりません。
このことが、ピッタリと合う入れ歯に非常に大切な”材質・設計・制作工程・調整”という作業に手間をかけることを難しくしているのです。
一方、保険外診療で入れ歯を作る場合はこのような制約がありません。治療費はすべて患者様の自己負担になってしまいますが、患者さんが納得していただけるまで、手間と時間を惜しみなくかけることができるのです。こうした前提のうえで、「保険外」で作る入れ歯と「保険」の入れ歯の違いについてお伝えしていきます。

 

ここまで進化!最先端の入れ歯治療!

快適な入れ歯には、以下の条件が求められます。

軽い材料でつくる

保険の材料で作る入れ歯は重いため、噛むという動作に負担を与えます。 一方、保険外の入れ歯で使用する材料には、保険の材料の約1/4の重さのものを使用します。

薄い材料でつくる

ireba_usui口の中は、髪の毛が1本入るだけで不快感があるほど敏感です。このため、保険外の入れ歯で使用する材料の場合、保険のものに比べ約1/4の厚さの薄い材料を使用します。

食べ物の温もりを感じられる材料でつくる

ireba_nukumori
入れ歯を入れると、温かい・冷たいといった食べ物の温もりをなかなか感じることができません。
食べ物の温もりは味覚に大きな影響を与えます。このため、保険外の入れ歯では温もりを感じられる材料(専門的に表現すると、熱伝導率の高いもの)を使用します。

目立たない工夫

ireba_medatanai
入れ歯をひっかける針金は、見た目にも悪く心理的な悪影響を及ぼす場合があります。保険外の入れ歯では、この針金を見えない、又は金属自体を使わないようにする仕組みがあります。

自分のアゴの高さにあったミリ単位での調整を行う

合う入れ歯を作るために一番重要なのは、手間をかけた調整です。 保険外の入れ歯の場合には、ミリ単位に及ぶ緻密な調整を行うことで、自分にぴったりと合った入れ歯をつくることが可能です。

もし今入れている入れ歯が、「痛い」「合わない」「よく外れる」という方はなるべく早く専門家に相談されることをお勧めいたします。

  • 院内の様子